パラオ2019年チャーター便の日程まとめ!実施される空港や申し込み方法・料金も紹介!

皆さんAlii!(アリー・パラオ語でこんにちは)こんにちは!

パラオは日本から真南に3000kmの、世界自然文化遺産にも登録された常夏南国リゾートアイランドです。

そんなパラオで生活して早11年!素晴らしい絶景に囲まれた大自然パラオで毎日過ごしている私が、2018年~2019年にかけての日本ーパラオ間のフライト情報について解説いたします!

パラオへの行き方は一つではありません!

どの飛行機で、どんな日程で、どんなツアーで出かけようか、じっくり考えるのがこれまた旅行の醍醐味です。

そんなことを考えていたら・・・

なななんと【ANAチャーター便パラオへ!】という素敵すぎる最新ニュースが飛び込んできたじゃありませんか!

これは詳しく知りたいですよね!?

何といっても海外旅行!行き帰りのフライト選びで、旅行の快適さ、楽しさは左右されると言っても過言ではありません!

さあ!どの飛行機で超絶景のパラオに飛んでいきますか!?

 

各直行便を比較しながら、この最新ニュースを詳しく解説したいと思います!

今すぐご確認を!!

スポンサーリンク

2018-2019年パラオ直行便の日程

ご存知の方もおられると思いますが、2018年の5月をもって、週2便の定期直行便を運航していた「デルタ航空」は、残念ながらパラオを撤退しました。

クーっ!残念!!

もちろん乗り継ぎでパラオまで行くことは可能ですが、4時間半の魅力がなんといっても直行便にはあります!

では、実際に日本からパラオへの直行便はあるのかと言いますと・・・

2018年9月現在、日本からパラオへの直行便としては、定期便の運航はなく、チャーター便のみになります。

チャーター便の時期はと言いますと・・・

日本の夏休みや年末年始、ゴールデンウィークにシルバーウィークなどの連休が基本です。

では、今年から来年にかけての便は何本あるでしょう?

順番に見ていきたいと思います。

【ウズベキスタン航空】

☆成田発・年末年始パラオ5日間(夜出発朝帰着)

  1. 2018年12月29日(土)~2019年1月2日(水)
  2. 2019年1月1日(火)~1月5日(土)

ツアー価格帯;196,000~354,000円

出発は夜に成田を出て、帰ってくるのは朝に成田に到着なので、国内線を乗り継いで行かれる方や、新幹線などで国内移動をされる方に便利な時間帯ですね!

JALと比較すると、ツアー代金全体が上がります。

 

【JAL】

☆成田発・年末年始パラオ5日間(全てのドリンクが無料)

  1. 2018年12月29日(土)~1月2日(水)
  2. 2019年1月2日(水)~1月6日(日)
  3. 2019年1月6日(日)~1月10日(木)
  4. 2019年1月10日(木)~1月14日(月)

ツアー価格帯;100,000~355,000円

やはり日系で安心なのがJALの良いところですね!

各座席に画面もついており、ドリンクも全て無料!好きな飲み物を片手に映画を見ながらあっという間にパラオ到着です!

また、追加料金を支払えば、広めの席に変更可能!

【ANA】

☆成田発パラオ4泊5日(昼間運航予定)

  1. 2019年2月12日(火)~2月16日(土)
  2. 2019年2月16日(土)~2月20日(水)
  3. 2019年2月20日(水)~2月24日(日)

価格帯;10月以降発表→追記します!

 

日本のANAが「パラオまで4時間半の直行便」を、しかも「海がめっちゃくちゃ綺麗で特におすすめシーズンである2月!」、さらに、「昼間便を予定」との事!

なんて素晴らしいニュースでしょう!

しかも2016年以来2年半ぶり!とのことです!!

パラオ旅行をお考えの方!またANAファンの方!是非ともこの機会を生かさない手はありません!!

 

【未定・スカイマーク(?)】

来年からのパラオ定期直行便就航を目指すスカイマークは、「まずはトライアルとして年内にチャーターを飛ばしたい」と、可能性に言及しています。

決定事項はまだありませんが、もしかしたら「スカイマークがパラオへ直行便!」というニュースが流れてくるかもしれません!

これは目が離せませんね!!

もし決定したとなれば、スカイマーク夢の初パラオ就航です!価格も期待大ですよね!!

パラオ旅行の申し込み方法は?

パラオにチャーター便での旅行をお考えの方は、各旅行会社でツアーを選び、インターネット上で申し込むこともできますし、電話申し込み、旅行会社店頭申し込みなど様々な方法があります。

旅行のプランをどうするか、フリーのプランにして現地で決めるのか、ダイビングがついているツアーを申し込むのかなどによって価格も様々です。

また、ホテルを選ぶ時も、

「せっかくだからホテルでのんびりした~い」

という方はリゾートホテル、

「ガンガン出かけてホテルは寝るだけでいいや!」

スポンサーリンク

という方は低価格のホテル、「自炊をしながら暮らすように旅したい!」という方はキッチン付きのホテル、というように、様々なパターンがあります。

ではここで、いくつか旅行会社を載せておきますので、ホームページであれこれ楽しみながら見比べてみてくださいね!

ナイスデイツアー

こちらのツアー会社は、なんと「パラオ旅行専門」なんです!

パラオ専門の旅行会社として約30年も歴史があり、何度も何度も現地に足を運んでいるベテランスタッフさんが何でも相談に乗ってくれますよ!

ホームページも見やすく、様々なツアーが紹介されています。

平日は夜の7時半まで受付をしてくれます!

パラオ専門旅行会社「ナイスデイツアー」https://www.globalservice.co.jp/

STワールド

こちらも、現地パラオに支店があり、なんでも詳しく教えてくれる頼れるツアー会社です。

ダイビングツアーも扱っており、ホームページでの料金やホテルなどの情報もとても見やすいです。

北海道、東京、名古屋、大阪、福岡など様々な都市に支店があるのも魅力ですね。

ダイビングツアーを扱う「STワールド」https://stworld.jp/tour_list/?gid=52&utm_source=palau_tour#_ga=2.36924517.476361084.1538062062-314977742.1538062062

JTB

こちらは言わずと知れたおなじみ大手旅行会社ですね!

 

とにかくツアーの種類が豊富で、ご家族様の旅行やハネムーナーの方におすすめです。

様々なJTB独自のプランがついているのも魅力的!

ホームページもかなり詳細な情報が掲載されているため、お子様関連の情報など、しっかり知ることができます!

「JTB」https://www.jtb.co.jp/kaigai/area/beach-resort/palau/

HIS

こちらも実績のある大手旅行会社ですね!

ホテルやオプショナルツアー、ダイビングツアーの情報も豊富です!

ツアーがたくさん「HIS」https://www.his-j.com/dst/palau.htm

近畿日本ツーリスト

こちらも老舗、大手旅行会社ですね!

 

早めの予約でランクアップサービスがあったり、ファミリー・ハネムーン・夫婦・女子旅・シニアなどなど、カテゴリー別で様々なツアーが選べるのも魅力的です!

 

お得なツアーも!「近畿日本ツーリスト」https://shop.knt.co.jp/holiday/sys/contents.asp?f=sp/palau/index_d.html

 

ネット上でわからないことや、気になることがあれば、何度でも電話で確認するのも良いです。

せっかくの海外旅行、せっかくのパラオ旅行、後悔のないようにしっかりシミュレーションをして、ぴったりのプランを選んでくださいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

それではもう一度、2019年パラオ直行チャーター便の情報をおさらいしましょう!

2019年のパラオ直行チャーター便は、2018年9月現在、3航空会社が就航します。

全て成田発着です。

料金については、選ぶ期間やホテルによって違います。10万円代のツアーから30万円以上のものまで本当に様々です。

 

 

納得いくまでしっかり調べてベストな選択をしてください。

そして、インターネット、電話、店頭それぞれのご予定に合わせて申し込みをしていきましょう。

直行便はやはり人気があります!繰り返しになりますが、ご予約はお早めに!

 

【ウズベキスタン航空:2便】

  1. 2018年12月29日(土)~1月2日(水)
  2. 2019年1月1日(火)~1月5日(土)

【日本航空:4便】

  1. 2018年12月29日(土)~1月2日(水)
  2. 2019年1月2日(水)~1月6日(日)
  3. 2019年1月6日(日)~1月10日(木)
  4. 2019年1月10日(木)~1月14日(月)

【全日空:3便】

  1. 2019年2月12日(火)~2月16日(土)
  2. 2019年2月16日(土)~2月20日(水)
  3. 2019年2月20日(水)~2月24日(日)

 

これは嬉しい!これは素晴らしい!

今後、他の航空会社の発表も気にはなりますが、「パラオを直行便で!」とお考えの方、是非ともこの機会を逃さず、快適な空の旅で最高のパラオにお越しください!!

昼間便でしたら、飛行機の上から美しい海とロックアイランドを見ることができます。

私は初めてパラオに来た時に、夕方の空からパラオを見下ろし、思わず息をのみました。

「神様が住んでいるというのは、まさにこういうところのことなのか・・・」と、ただただ絶句したのを覚えています。

4時間半の飛行機の中、すでに旅は始まっています。

ようこそ神々が宿る島、最後の楽園パラオへ・・・

 

 

Sulang!(スーラン→パラオ語でありがとう)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です