これがあって助かった!パラオ旅行に子連れで行く場合に必要な持ち物は?

皆さんAlii!(アリー・パラオ語でこんにちは)こんにちは!

パラオは日本から真南に3000kmの、世界自然文化遺産にも登録された常夏南国リゾートアイランドです。

そんなパラオで生活して早11年!日々大人も子どもも含め多くのお客様とお会いする私が、お子様連れのパラオ旅行をお考えの方に向けて…。

  • 子連れでパラオは大変?
  • 子どもの持ち物で必須なものは?
  • これがあって意外と助かった!
  • パラオで購入できるものは?
  • パラオで手に入れたい!子どものためのもの

という流れで、「パラオ旅行に子連れで行く場合に必要な持ち物一覧チェックリスト」について解説したいと思います!

スポンサーリンク

子連れでパラオ旅行は大変?

突然ですが、ここでハッキリ申し上げましょう!

子連れでパラオは、最高だと思います!!

いきなりなんやっ!(笑)と思われたかもしれませんね?

では、子連れでパラオが最高な理由を説明いたします。

  • パラオは日本との時差が0!
  • 直行便でなんと4時間半!
  • 常夏なので、着替えなどの準備が最小限でよい!
  • 日本語が通じ、日本の食べ物が普通にある!
  • パラオの人は本当に子ども、そしてママに優しい!
  • のんびりしていて、時間を忘れられる!
  • 自然いっぱい、人もごみごみしていないので、子どもが騒いでもあまり気にされない!
  • 子どもOKのアクティビティがちゃんとある!

 

ざっと挙げるだけでもこんな感じです!

 

お子様と一緒に海外旅行というだけで、敷居が高いかもしれませんが、その中でもパラオはとっても近くて便利で…。

そして人々が特に子どもとママに対してめっちゃくちゃ温かい!!(←これめっちゃ大事ですよね!)

 

素敵すぎます!これは行くしかないですよね(笑)??

日本からパラオまでの距離は飛行機で4時間で時差ゼロ!

日本からパラオは、地図で見ると真っすぐ真下です!

そして、こんなに美しい楽園リゾートが意外なほどに近いのです!

南に3,000kmなので、繰り返しますが、時差は0!

飛行機に乗る時間も、直行便であればたったの4時間なんですよ。

これは子どもさんにとってかなり重要なことで、寝る時間が一定は楽というのもありますし、大きな変化がないので0~2歳ぐらいの乳児~幼児の子のぐずりのリスクも減らせます。

時差ボケもないですし、国内旅行の移動と比べても、「遠いなあ~・・・」という感じは一切ないですよね(笑)

パラオでは結構日本語が通じるの?

パラオは日本が統治していた時代があり、その時代が一番インフラや教育が整ったといわれています。

実際にパラオの人は日本人にとても優しくしてくれますし、笑顔で「こんにちは!」と話しかけてくれます。

困ったことがあれば、我先に!と助けてくれますし、「大丈夫!」というのがパラオ語にもなっているほどに、優しくておおらかです。

レストランのメニューにも必ず日本の料理が日本の名前で並んでいますし、パラオの人も日本食が大好きで、煮つけや刺身はしょっちゅう食べています。

こうやって見てみても、子どもさんとの旅行中に安心な材料がたくさんありますよね。

パラオの人は子どもにとっても優しい

ここが「パラオ子連れ旅」で一番おすすめしたい点です!

なんといっても、パラオの人は女性、年齢が上の人、子どもに対してとっても優しいです。

「手助け」をすることが、普通のこととして、子どものころから浸透している感じで、アパートの階段を水のボトルをもって上がろうとしていたりすると、必ず走ってきてくれます!

「僕が持っていくよ!」と、小学生の子が普通に助けてくれたり!

 

なので、もちろん大人だけの旅よりも大変なことはあると思いますが、子どもさんを大切にしてくれるパラオの雰囲気を是非とも味わいながら、心地よく家族皆さまで過ごしていただきたいです。

パラオ旅行に子どもの持ち物で必須なものは?

さて、ではここで、実際に日本からパラオに来られる際に必要な「子どものための持ち物」をみていきましょう!

年齢や人数、お子様の特徴、各ご家庭での違いはもちろんありますが、基本的に「あった方が良い物」を、パラオに何度も来られている「子連れ旅のエキスパート」の方々にインタビューしつつ考えてみました。

是非ともご参考に、楽しく準備を進めてくださいね!

日本からパラオに確実に持ってきた方がよい子どものための持ち物

パラオに行くまでの航路で特別必要な物は、通常の旅行での持ち物やパスポート以外としては

  • ヘッドホン
  • 着替え
  • 雨具
  • ティッシュ、ウェットティッシュ、タオル
  • 常備薬
  • ベビーカー

それでは詳細に紹介していきます。

ヘッドホン

があると超便利です。移動の飛行機で必須なのがコレ!

子ども用ヘッドフォンは、飛行機で大変役に立ちます。

日本からパラオは、近いとはいえ4時間半。

一旦飛行機に乗ってしまえば、当たり前ですが途中で降りることはできません。

 

そういう時にとっても助かるのが、子どもさん用の音楽や映像ですよね?

飛行機に各座席に専用の画面がついていれば、子ども用のチャンネルでたくさんアニメや映画を見ることができます。

また、飛行機によっては各座席には画面がついてない機体もあるため、普段見ておられるものを、携帯電話やタブレット端末などに入れて、各ご家庭で「移動用専用暇つぶしセット」を準備して頂くのをお勧めします。

それを、周りの方の迷惑にならないよう利用するために、子ども用ヘッドフォンは必須です!

備え付けのイヤホンだとお子さんの耳には大きいこともありますので。

通販でも手に入りますし、準備をして、時間があればご自宅でつける練習をして慣れてから飛行機に乗れれば安心ですね!

行きの移動が快適に過ごせれば、良い旅のスタートがきれます!

是非ともご準備くださいね!

着替え

これは当然と言えば当然ですね(笑)

着替えはお子様の方が回数が多いと思います。

基本的には夏服と水着などの水遊び用の服装で大丈夫ですが、室内のエアコン対策、雨の日の対策として、薄手の長袖は持ってきてください。

雨具

パラオは常夏とは言え、雨季と乾季があります。

これは意外かもしれませんが、乾季でも雨が降ることはあります。

逆に、雨季でも雨が降らなくて断水までしたこともありました。

従って、ボートに乗って遠くへ出かけたり、ショッピングで街を少し歩いたりする時にも、突然の雨に遭う確率は結構高いです。

スコールの時は傘も飛ばされそうになったり、横からの雨で傘が全然役立たないこともありますので、レインコートは大人も子どもも必須です!

ティッシュ、ウェットティッシュ、タオル

これも普段と同じ持ち物かもしれませんね。

パラオでは、レストランで食事の際などに頼めば準備してくれますが、置いてないところもあります。

よくこぼしたり汚すのはお子様なら当たり前!これはあった方が良いですね!

子どもさんの常備薬

これはパラオでは手に入りにくいです。というか、ゲットするのはかなり難しいです。

必要な日数分プラスアルファで、必ず持ってきてください。

絶対ではないけど日本からパラオに持ってきた方がよい子どもの持ち物

続いて、必需品の他にあったほうが良い持ち物を紹介します。

その一つが「ベビーカー」。

スポンサーリンク

これは、飛行機に無料で乗せてもらえます!

持ってくるのを迷うものの一つですし、かさばるので、移動をシミュレーションしてみてください。

もしご家族の中で、移動の際にお子様の抱っこを交代できる人数が確保できる場合は大丈夫だと思います。しかし、もしお母さま一人で子どもさんと来られる場合でしたら、ベビーカーがあった方が助かります。

 

これは、パラオの街中で使えるような道はないですし、主に空港内の移動、乗り継ぎ便で来られる場合の空港移動、レストランでお子様が先に寝てしまった時の場所、としての利用になります。

例えば、ユナイテッド航空で来られて、グアムでの乗り継ぎが結構時間がある方でしたら、移動も距離がありますし、待ち時間も長めになりますので、ベビーカーは重宝します。

一方、

大韓航空などで乗り継ぎの距離も時間も短い場合や、直行便でパラオまで来られる場合で、しかもお父さんや大きい兄弟の方がお母さん以外で、交代しながらお子様を抱っこしたりできる場合でしたら、必要ないと思います。

ちなみに、ベビーカーをお持ちになられた場合は、飛行機に乗るギリギリ前の搭乗口で引き取ってもらい、飛行機に乗せてもらえますので、旅行メンバーやプラン、普段の移動手段などから、再度ご一考くださいね!

パラオ子連れ旅行でこれがあって意外と助かった!「あったら素敵!」な子どもの持ち物

パラオにお子様と来られたら、一緒に海やプールに遊びに行きたいですよね!

そんな時にお役立ちなものを紹介いたしますよ!

それは

  • シャボン玉
  • 砂遊び道具

です。

シャボン玉

これは是非とも試してみてほしいです!

海でのシャボン玉!

とってもきれいで、風に乗って海をバックに美しい景色になること間違いなし!

普段と違う環境でおなじみの遊びをすると、新しい発見があって面白いと思いますし、日本でまたシャボン玉をやった時に、パラオの思い出話に花が咲くかもしれません!

子どもさんの思い出に、美しいひと幕を・・・

※ただし、液体は機内に持ち込めませんので、しっかり封をしてスーツケース(預け荷物)に入れてきてください。

砂遊び道具

そして、重宝するのが砂遊び道具!

パラオでは、子どもさんも参加できる一日のツアーや半日のツアーもあり、ビーチでゆっくりまったり過ごす時間が設けられたりしています。

そういう時に砂遊びセットがあると、とっても楽しめます!

もちろんなくても貝拾いや砂山づくり、泳ぐ、などできますが、砂遊びセットがめちゃめちゃ活躍できるのがビーチでの時間です!

是非ともお気に入りのものを!

パラオ国内で買える子ども向けのアイテムって?

パラオでは、スーパーに行けば、ほとんど何でもそろえることができます!

外国の商品は見るだけでも楽しいですし、少し割高にはなりますが、日本のおなじみの商品も購入することができます!

子どもさんに必要な物をみてみましょう!

  • お菓子
  • 飲み物
  • 衣類
  • 絵本

それぞれ紹介していきます。

お菓子・飲み物

お菓子や飲み物は意外と、結構種類が豊富です。

外国のものも日本のものもズラリとカラフルに並んでいるため、大人にも子どもにも夢の世界かもしれません(笑)・・・

パラオで売っているお菓子

 

パラオで売っているケーキ

 

パラオで売っているジュース

衣類

Tシャツや短パン、ビーチサンダルなどの簡単な夏服であれば、スーパーで買うことができます。

サーフショップには子どもサイズの可愛いものも販売していますし、お土産屋さんでも子どもサイズのTシャツを買うことはできます。

もうちょっと欲しいなあ~という時は是非とものぞいてみてくださいね!

子どもが楽しめる絵本

パラオには、数は少ないですが、スーパーマーケットで外国のカラフルな絵本や塗り絵が手に入ります。

値段もそんなに高くないですし、日本のものとはまた違った面白さがあると思います!お土産として、また帰りの飛行機のお供として、探してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

家族との旅行は、一年の中でも最も楽しいイベントですよね?

それと同時に準備がとっても大変!しかも海外、そして子どもさんも一緒に!となるとなおのこと、ですよね・・・

  • 「せっかくだから準備も楽しみたい!」
  • 「現地で困らず慌てず快適に旅をしたい!」
  • 「大変なんだから、その分めちゃくちゃ楽しむぞ~!!」

そういう皆さんを応援する気持ちでこの記事を書きました。

そして、パラオは意外となんでもそろいます!そんなに心配しなくても大丈夫です。

パラオに限らず海外旅行で必須の「パスポート・チケット・お金」はもちろんのこと、南国パラオだからこそ必要な持ち物、そして子どもさんのための持ち物を、ワクワクしながらカバンにつめて、準備万端でお越しくださいね!

繰り返しになりますが、パラオは子連れ旅行に最高の場所だと思います!

普段の着替えや帽子、スコール&クーラー対策グッズ、日焼け止めや常備薬などの体調管理に関するグッズ等などに加え、お子様の準備をバッチリしていただければ、とっても楽しめる場所です。

一通り準備が終わられた際には、もう一度ダブルチェックしてみてください!そして不足があれば買い出しに行き、再度トリプルチェック!家族で協力して準備も分担できれば最高です!

もし旦那さんや大きい子どもさんが手伝ってくれなかった時は

「パラオの人は、女の人の言うことを子どもも男の人もよく聞いて、重い物は持ってくれるし、とにかく女の人を大切にするらしいで!コラーっ!!(←最後の一言は方言により使い分け可・笑)」

みんなでやりましょう!(←ほんまにコレ大事!)

 

準備は大変ですが、楽しみながら、ウキウキワクワクと進めていきましょう!そしてパラオに向けてテンションをどんどん高めていってくださいね!

準備が終わればあとは心配しないこと。パラオの人たちは子どもさんとママに本当にみんな親切で、何かあればパラオの人が助けてくれます!

さあ!最後の楽園と呼ばれる美しいパラオを、子どもさんと一緒に家族みんなで思う存分楽しみましょう!

きっと一生心に残る素晴らしい旅になること間違いなしです。

美しいパラオの海と優しい風があなたを待っています。

Sulang!!(スーラン・パラオ語でありがとう)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です